グローバル視点の東京人

地方出身者にとって、東京というのはある種の憧れを意識的にしろ無意識的にしろ持っているものではないかと思います。それは看護師として働いている人も同じなのではないでしょうか。
今は地方の病院などで働いているけど、いずれは東京で仕事がしたいと思っている人もいるかと思います。
では、今実際に東京で働いている人、あるいは東京出身の人というのはどのような考えを持っているのでしょうか。
日本の中心地である東京は当然ながら、地方よりも便利な場所です。働く所も多いですし、楽しむ場所も多いです。それだけではなく、教育機関やサービスも充実しています。
しかし、実際に東京で働いている人達は東京に長年住み着こうとは考えておらず、こうした利便性の良い環境を用いて、いずれは海外に活躍の場を求めたいと考える人が多いようです。

地方出身者の場合、多くはスキルアップと共に日本の中心である東京に進出したいと考えるものです。しかし、現に今東京に居る人にとっては、スキルアップやステップアップの先に自然と海外に目を向ける人が多いのです。
こうした考えを持つ人が多いからか、東京は海外で仕事をしたいと考える看護師にとっても便利な場所です。海外留学を斡旋している業者もいますし、そのための情報も地方よりも手に入れやすい環境が整っています。
そんな場所ですから、東京にいる看護師の中には、海外での看護の経験を持った人がたくさんいます。アメリカやドイツで本場の医療技術を身につけた人もいれば、途上国などで保健や保安のための活動を経験してきた人もいます。
こうした人達は視野が非常に広いため、固定的な価値観で働く人はいません。もっと広い観点から看護のことを考えて仕事をしているのです。
東京は、そういった人の集まる場所でもありますから、是非一度は東京で働いて、そうした人たちと仕事をする経験を得ることをおすすめします。
異なる視点、異なる価値観を持った人たちと触れ合うことによってあなたの感性も磨かれ、あなた自身の看護師としてのキャリア形成の考えにも新たなものをもたらしてくれることでしょう。

参考URL【xn--n8jtcxez74lnivmjhm6vl34d.net